ダルビッシュが松坂に思い 「格の違いを感じた」

ダルビッシュ(AP)
ダルビッシュ(AP)

米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手は19日、引退試合に登板したプロ野球西武の松坂大輔投手に「プロ1年目に投手としての格の違いを感じ、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では皆に優しく人としての格の違いを感じました」と自身のツイッターで思いをつづった。

松坂は6歳上で、2005年に日本ハム入りした際には既に球界を代表する投手だった。09年のWBCではともに日本代表の優勝に貢献した。

松坂が西武からポスティングシステムでレッドソックスに移籍したときは巨額契約が注目を集めた。その後に同じくポスティングで渡米したダルビッシュは「今までの誰よりもプレッシャーのかかる状態でメジャーに行き、日本のファン、選手達のために投げてくださったことに本当に感謝しています」と功績をたたえた。(共同)