阿蘇山噴火 磯崎官房副長官「危機管理は万全」

磯崎仁彦官房副長官
磯崎仁彦官房副長官

磯崎仁彦官房副長官は20日午前の記者会見で、熊本県の阿蘇山の噴火について「情報収集を進めている。対応を鋭意検討する」と述べた。19日には、岸田文雄首相と松野博一官房長官が衆院選の遊説中に北朝鮮がミサイルを発射。20日も首相が遊説中だが、磯崎氏は「危機管理には万全を期しているので、しっかりと対応したい」と述べた。