衝突事故で両船長書類送検 鹿島海保、業過致死傷疑い

茨城県鹿嶋市の鹿島港の港口付近で昨年11月、貨物船と遊漁船が衝突した事故で、鹿島海上保安署は19日、乗客1人を死亡、4人にけがをさせたなどとして、業務上過失致死傷と業務上過失往来危険容疑で、両船の船長を書類送検した。

書類送検されたのは、広島市の貨物船「はやと」の船長(57)と、鹿嶋市の遊漁船「第5不動丸」の船長(50)。

書類送検容疑は、昨年11月28日午前5時20分ごろ、両船を衝突させ、転覆した第5不動丸から海に投げ出された乗客乗員12人のうち、乗客の男性=当時(46)=を肺挫滅と胸部打撲により死亡、ほか20~60代の男性4人にけがをさせたとしている。

海保は、双方が衝突を回避するための十分な行動をとらず、乗客を死傷させたとして、業務上過失致死傷と業務上過失往来危険の疑いで、両船長を逮捕。その後、逃亡の恐れが少ないとして釈放し、任意で捜査を続けていた。