公明代表「敵基地攻撃は古い議論」 岸田首相を牽制

JR川崎駅前で第一声を上げる公明党の山口那津男代表=19日午前、神奈川県川崎市(寺河内美奈撮影)
JR川崎駅前で第一声を上げる公明党の山口那津男代表=19日午前、神奈川県川崎市(寺河内美奈撮影)

公明党の山口那津男代表は19日のNHK番組で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け敵基地攻撃能力の保有検討に言及した岸田文雄首相を牽制(けんせい)した。「敵基地攻撃能力というのは昭和31年に提起された古めかしい議論の立て方だ」と述べた。

公明は敵基地攻撃能力に一貫して否定的な立場を取っている。山口氏は「国民の命と財産を守り、地域の安定を確保するためにどのような防衛力や抑止力がふさわしいか、これからの議論の中で合意を作り出していきたい」と述べた。

首相は19日、官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)後、記者団に「敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討するよう改めて確認した」と説明した。