安倍元首相が地元で出陣式 12年ぶり

衆院選が公示され、出陣式で昭恵夫人(右)にたすきを掛けてもらう安倍元首相=19日午前、山口県下関市
衆院選が公示され、出陣式で昭恵夫人(右)にたすきを掛けてもらう安倍元首相=19日午前、山口県下関市

衆院山口4区の安倍晋三元首相(67)は衆院選の公示日となった19日、地元の山口県下関市で出陣式に臨んだ。JR下関駅近くの広場で「直ちに取り組まないといけないのは(新型)コロナ(ウイルス)禍の克服と脱却だ」と支援者らに訴えた。

安倍氏が地元で公示日の第一声を上げるのは平成21年の衆院選以来。首相在任中は全国各地で応援遊説し、地元は昭恵夫人が有権者に支援を呼び掛けていた。

出陣式で安倍氏は「やり残したことがある。拉致問題の解決と憲法改正だ」「経済のV字回復に向け、思い切った政策を進める決意だ」と気勢を上げた。 出陣式後、選挙カーに乗り込んでマイクを握り、選挙区内の演説会に向かった。

衆院山口4区では安倍氏の他に、れいわ新選組の新人でプロレスラーの竹村克司氏(49)と、無所属の新人で元新聞社社員の大野頼子氏(47)が立候補を届け出た。