SLやまぐち号台車に亀裂国へ報告、発見2カ月半後

3カ所の亀裂や傷が見つかった台車の部品(JR西日本提供)
3カ所の亀裂や傷が見つかった台車の部品(JR西日本提供)

JR西日本は19日、山口線の「SLやまぐち号」として運行している蒸気機関車(SL)D51形200号機1両の台車に、定期検査で3カ所の亀裂や傷を見つけたものの、国土交通省に報告したのは2カ月半以上後だったと発表した。JR西は「速やかに社内で共有し関係機関にも報告すべき事象だった」としている。

国交省近畿運輸局も、今回の亀裂や傷は速やかに同局へ報告すべきものだったとみており、JR西に改善を求める。

JR西によると、検査を担当した部署は梅小路運転区(京都市)。7月下旬、検査の係員が、石炭や水を積む部分の昭和13年製の台車に経年劣化によるものとみられる長さ60~70ミリ、深さ5~15ミリの亀裂や傷を確認したが、「危険性は小さい」と判断。同社の担当部署には9月末に知らせ、同社も近畿運輸局に今月18日に報告、この間、運行はしていなかった。