西日本FHマスコット「ワンク」大活躍

「ワンク」の認知度向上の施策に取り組む西日本シティ銀行広報文化部の近藤祐樹氏
「ワンク」の認知度向上の施策に取り組む西日本シティ銀行広報文化部の近藤祐樹氏

犬をモチーフにした西日本フィナンシャルホールディングス(FH)のマスコットキャラクター「ワンク」が、活躍の場を広げている。当初はFH傘下の西日本シティ銀行が発行する一部のカードに描かれただけだったが、現在はCMやPR施策、販促グッズなどに起用される。今年に入り、ライセンスビジネスの展開や、それを通じた行員教育にも投入されている。

ワンクの誕生は平成18年。同行のクレジットカード一体型の「オールインワンカード」の開発にあわせ、日本を代表するデザイナーグループ「GROOVISIONS(グルーヴィジョンズ)」が手掛けた。CMやカレンダーなどでの活用が始まると愛くるしい姿に人気が高まり、銀行の顧客以外からグッズの購入について問い合わせが寄せられるようになった。

× × ×

ただ、銀行がワンクグッズの外販や新商品開発に乗り出すには高いハードルがある。銀行法で業務範囲が制限されているからだ。それでもワンクの露出増は、銀行の認知度やブランドの向上にとってメリットが大きい。金融庁と協議し、現行の規制上で可能な策を探った。そこで生まれたのが、協業するグッズの製造・販売先に使用ライセンスを認め、対価は全額を社会福祉団体などに寄付する仕組みだ。金融庁からのお墨付きを得て「社会貢献型のグッズ販売事業」として4月にスタートした。

第1弾は、同行の取引先の大国段ボール工業(福岡県行橋市)だ。同社はもともと、店頭掲示用などにワンクの段ボール人形を制作しており、そのノウハウを生かし段ボールの小型人形を売り出した。受注生産が可能で在庫リスクがなく、経験もあることから、商品開発はスムーズに進んだ。現在も複数の製菓業者などと商品開発の交渉が進む。

× × ×

この新事業は、銀行にとって単なるPR策にとどまらない可能性を秘める。

企画した同行広報文化部の小湊真美部長は「今、営業現場で求められていることと、今回の事業を成功させるための働き方は似ているんです」と話す。

従来、預金と貸出の金利差で収益を上げていた銀行の事業構造は長引くマイナス金利下で様変わりを余儀なくされている。銀行員は単に融資を実行するだけでなく、取引先の経営改善や新規開拓により深く関与することが求められる。新事業でも単なる商品の企画だけでなく、PRから販促策まで協業先と知恵を絞り汗をかくことが必要で「まさに銀行員の仕事そのもの」(小湊氏)だ。

広報文化部では、入行4年目の近藤祐樹氏が、事業成功の前提となるワンクの認知度をさらに向上させる施策に取り組み、今後は協業先との交渉も担当する予定だ。近藤氏は「目標を立て、周囲を巻き込みながら事業を進める経験は今後、営業現場に出たときに大きな力になると思う」と語った。(中村雅和)