「尊い犠牲忘れない」福岡陸軍墓地で慰霊祭

福岡県出身戦没者らを追悼した福岡陸軍墓地慰霊祭
福岡県出身戦没者らを追悼した福岡陸軍墓地慰霊祭

明治維新から、先の大戦までの福岡県出身戦没者らを追悼する慰霊祭が17日、福岡陸軍墓地(福岡市中央区)で営まれた。遺族ら関係者約150人が参列し、英霊を供養した。

社団法人「福岡県郷友連盟」が主催し、毎年10月に行われている。慰霊祭では、福岡県護国神社による神事の後、祭詞などがささげられた。福岡陸軍墓地には11基の墓碑があり、計1万6千余柱が祭られている。

祭典委員長を務めた県郷友連盟の吉田邦雄会長は祭文を奏上し、「今の日本の繁栄は、英霊の尊い犠牲の上に成り立っていることを忘れてはならない。私どもは英霊を顕彰し、誇りある日本の再生を目指し、日本の文化や伝統の継承を中心とした活動をさらに活発化させたい」と追悼の言葉を述べた。