WHO、コロナ起源再調査へ諮問団

【ロンドン=板東和正、北京=三塚聖平】世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの起源調査に関する諮問団を新設し、再調査に向けた仕切り直しに動き出した。WHO国際調査団は流行の震源地となった中国湖北省武漢市で1~2月に初の現地調査を行ったが、その報告書は「武漢起源説」を否定したい中国側の主張をほぼ踏襲した。WHOは中国の意向に縛られない形での現地調査を改めて行いたい考えで、再調査に消極的な中国側との攻防が予想される。

WHOは9月上旬、新型コロナなどのウイルスの起源を検証する諮問団「SAGO」を設立したと発表。今月13日に日本や欧米などから集めたSAGOのメンバー26人を明らかにした。

メンバーには、札幌市の西條政幸医療政策担当部長や、国際調査団の一員だったオランダのウイルス学者らが選ばれた。SAGOは新型コロナの起源に関する情報を精査し、国際調査団が追加の現地調査を行う場合の調査内容を助言する。

ランキング

  1. 【あめりかノート】評価低落「ハリス・パニック」

  2. 中国、外交ボイコット論に予防線「招待していない」

  3. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に

  4. 米EU、台湾現状変更「安全に直接影響」で一致

  5. 「中国式民主」白書でアピール 米主催サミット牽制

  6. 新変異株感染、40カ国超に 米韓などで拡大

  7. 【竹島を考える】歴史曲解を外交カードとする錯覚を一刀両断せよ

  8. オミクロン株、死者の報告はなし WHO報道官が指摘

  9. ジャワ島で噴火、1人死亡 インドネシア、40人超けが

  10. ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回