不出馬の秋元氏「東京15区で活動継続」復党目指す

衆院選への不出馬を表明する秋元司前衆院議員=18日午後、国会内
衆院選への不出馬を表明する秋元司前衆院議員=18日午後、国会内

衆院選への不出馬を表明した秋元司前衆院議員は18日、記者会見で「裁判はおそらく来春には決着がつく。その間も活動を続け、復党を目指したい」と述べ、改めて無罪を主張した上で、引き続き東京15区で活動する意向を示した。

秋元氏はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で有罪判決を受け、控訴中。不出馬の判断について「支持が広がらないということで決断したことはない」と強調、自身が離党した自民党が15区で無所属2人に推薦を出したことを背景に挙げ、「(2人が)出馬する環境が整うかを見定めたいと思っていた」と表明が公示前日になった理由を説明した。

また、同区で自民が前職の柿沢未途氏を推薦することを「今まで自民党の反対側にいた方だ。理解できない」と批判。柿沢氏とともに同党が推薦する元職の今村洋史氏に対しては「側面支援したい」と述べた。