AIでAVモザイク加工、容疑で男を逮捕 京都府警

京都府警本部
京都府警本部

人工知能(AI)を使ってアダルトビデオのモザイクがなくなるよう加工したなどとして、京都府警は18日、著作権法違反とわいせつ電磁的記録記録媒体陳列の疑いで、兵庫県高砂市の自称画像クリエーター、中本正幸容疑者(43)を逮捕した。容疑を認めている。

府警によると、中本容疑者は解像度の低い映像を鮮明にする「TecoGAN」と呼ばれるAIなどを使い、アダルト動画のモザイクがないように見せる加工をしていた。このAIがモザイクの加工に使われた事件の摘発は全国初という。

中本容疑者は、昨年11月に設立したウェブサイトで会員から加工の依頼を受注。加工した作品をネット上に保存し、会員にダウンロードさせていた。今年8月までに約1100万円を売り上げていたとみられ、府警が余罪を調べている。

逮捕容疑は1月9日、自宅でAIなどを使って、許可を得ずにビデオのモザイクを加工し制作会社の著作権を侵害したほか、加工したわいせつ画像をサイトで公開し、閲覧できる状態にしたとしている。