皇居で「神嘗祭」 眞子さま、結婚前最後の宮中祭祀ご参列

半蔵門から皇居に入られる秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さま=17日午前9時42分、皇居・半蔵門(代表撮影)
半蔵門から皇居に入られる秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さま=17日午前9時42分、皇居・半蔵門(代表撮影)

天皇陛下は17日、皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)で、天照大神(あまてらすおおみかみ)に新穀を供え、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する「神嘗(かんなめ)祭賢所の儀」に臨まれた。秋篠宮ご夫妻もご拝礼。ご夫妻の長女、眞子さまをはじめとする皇族方も参列された。

眞子さまは26日にお相手の小室圭さん(30)と結婚し、皇籍を離れる予定で、皇族として宮中祭祀(さいし)に臨まれるのはこれが最後となる。17日午前、妹の佳子さまとともに車で皇居・半蔵門を通過する際には、沿道の人に手を振り、会釈をして応じられた。

ご結婚に際し、天皇、皇后両陛下は22日、上皇ご夫妻は25日にそれぞれお住まいで眞子さまからごあいさつを受けられる。18日には秋篠宮ご夫妻が赤坂御用地内で小室さんと面会される予定。