入国手続きはアプリに デジ庁が年内に運用

デジタル庁が入居する民間ビル=東京都千代田区
デジタル庁が入居する民間ビル=東京都千代田区

デジタル庁は、海外から帰国する日本人や、訪日外国人観光客らを対象とした「入国手続き支援アプリ」を開発し、年内に運用を始める。スマートフォンを使い、手続きに必要な情報を事前に入力しておけば、検疫などの窓口で書類の提出が不要になる。新型コロナウイルス禍の収束後、幅広く活用してもらいたい意向だ。

デジタル庁によると、入国者はアプリを通じ、あらかじめ氏名や住所などの基本情報と、入国に必要な情報を登録しておく。空港などに到着したら「検疫」「入国審査」「税関検査」の各窓口で、スマホ画面に表示されるQRコードを提示。職員が専用機器で読み取り、内容をチェックする仕組みとなっている。

これによって入国者は「入国記録」や密輸を防ぐ「携帯品・別送品申告書」などの書類を記入、提出する必要がなくなる。アプリは外国人にも利用してもらうため、英語や中国語など多言語対応とする。