産経抄

10月17日


日本人はなにかにつけて「お」という言葉を重宝する。祝い事の席なら「本日はお日柄もよく…」。降れば降ったで「お足元の悪い中、お運びいただきまして」と言えば相手の顔も立つ。日本語の万能選手だろう。

▼ひねくれた一面もある。「ひや(冷酒)」と「おひや(冷たい水)」は似て非なるものだし、「にぎり」と「おにぎり」も違う。足が「お足」になると銭・カネの意味になり、「お役所仕事」ともなると見下したニュアンスを帯びるから、使い方は時と場所を選ぶ。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【産経抄】1月22日

  3. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  4. 【主張】人権決議案 与党の「覚悟」が問われる

  5. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  6. 【記者発】隔離施設の生活 風評と現実 ソウル特派員・時吉達也

  7. 【正論】人間だけが「不倫」と騒ぐ不思議 昨今「いけない」と叫ぶのは「真面目型の男たち」だ 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  8. 【浪速風】北京五輪開幕まで2週間

  9. 【産経抄】1月21日

  10. 【政治月旦】衆院選挙制度 ふるさと投票でもよいのでは 「格差」超える大胆な議論を