山火事が起きやすい「火災気象」の日が、米国で急増している 研究結果

米国では大規模な山火事が頻発している。こうしたなか、実際に山火事が発生しやすい条件が揃う「火災気象」と呼ばれる日が増加していることが、このほど発表された研究結果から明らかになった。加速する地球温暖化が背景にあることから、温暖化の勢いを緩和しない限り事態が悪化する一方との声も専門家からは上がっている。

TEXT BY MATT SIMONTRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

カリフォルニアはビーチ向きの気候で有名だが、近年は急速に「火災気象(fire weather)」と呼ばれる気候でも悪名高くなっている。つまり、高温と強風、低湿度の条件が揃い、山火事が発生しやすくなる気象状態のことだ。

近年になって山火事のニュースを耳にする機会が増えているのは偶然ではない。このほど発表された研究によると、気候変動が原因で火災が発生しやすい気象が頻発していることが示されたのだ

「暑いだけではありません。乾燥しているだけでもありません。この“火災気象”は、こうした条件がすべて同時に発生している状態なのです」と、今回の分析結果を発表したClimate Centralのデータアナリストであるケイトリン・ウェーバーは言う。Climate Centralは、気象関連の研究と報道を手がける非営利団体だ。「火災気象は1970年代前半から米国西部の広範囲で起きていますが、発生する日数は非常に目に見えて増えてきています」

地図にはっきりと出る傾向

ウェーバーは米国西部17州にある225の気象観測所のデータを1973年までさかのぼって分析し、大規模な山火事を引き起こす主要な3要素である気温、湿度、風速を調べた。高温低湿の環境は植生から水分を奪い、乾燥した“燃料”をつくりだす。それゆえ、ごく小さな火種がすぐに山火事を引き起こし、その火が強い風によって驚異的な速さで一帯に広がってゆくのだ。

2018年に発生した通称「キャンプ・ファイア」と呼ばれる山火事では延焼のスピードがあまりに速く、カリフォルニア州の町パラダイスが火に飲み込まれて86人が命を落とした。その多くはクルマで町の外へ逃げる途中だった。

この3要素について、ウェーバーが分析に使用した各基準値を超えた日数が占める割合の変化を示したのが、下の地図だ(青いほど基準を超えた日が減少、赤いほど増加したことを示す)。例えば、気温(左の地図)なら季節によって約7~13℃以上、風速(右の地図)なら風速15マイル/時(風速6.71m/時)以上が基準となる。

地図を見ると、とりわけ南西部で高温と乾燥(中央の地図)の傾向が強いことがわかる。こうした傾向が出たところで、おそらく驚きではないだろう。しかし同時に、この地域ではそれ以上に風の強い日が増えていることもうかがえる(右)。このような強風のなかで発火すると、またたく間に火の勢いが強まっていく。