千葉・京成バラ園で「ティーパーティ」 〝執事〟がエスコート

噴水池までバラの花で飾られた秋のイベント「オータム ローズ ガーデン パーティー」=八千代市大和田新田(江田隆一撮影)
噴水池までバラの花で飾られた秋のイベント「オータム ローズ ガーデン パーティー」=八千代市大和田新田(江田隆一撮影)

千葉県八千代市大和田新田の京成バラ園で約1千種、約7千株の秋バラを楽しむイベント「オータム ローズ ガーデン パーティー」が、11月23日まで開催されている。寒暖差の大きい秋のバラは、色鮮やかで香りが強いのが特徴。見頃は10月中旬~11月上旬という。

ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」の世界がテーマの園内には、白ウサギやトランプの兵隊、チェシャ猫の切り絵アートが飾られる。また、若手声優や劇団員がふんする執事のエスコートで特製スイーツ、カップの中で花開くバラの紅茶を屋外席で楽しむティーパーティー「リザーブド・ローズテーブル」を、会期中の土日祝日とバラ開花ピーク時の平日に開催。デジタル技術を利用し、アニメキャラクター執事長が登場するイベントなども用意されている。

入園料は大人1200円、中学生以下無料。リザーブド・ローズテーブルは別途1900円。入園とのセット券もある。