「どうしようもない怒り」曽我さんが拉致救出訴え

オンラインで講演する曽我ひとみさん=17日午前、新潟県佐渡市
オンラインで講演する曽我ひとみさん=17日午前、新潟県佐渡市

北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(62)が17日、地元の新潟県佐渡市からオンラインで講演し「いまだ解決とはほど遠い状況に、どうしようもない怒りを感じている」と心境を述べるとともに、母ミヨシさん(89)=拉致当時(46)=らの早期救出と拉致問題への理解を訴えた。

曽我さんは北朝鮮から平成14年10月17日に佐渡市に戻った。講演では19年前を振り返り「(北朝鮮から)24年ぶりに佐渡に帰り、とてもうれしかった半面、お母さんがいなかったことを現実に見て、とても寂しかった」と振り返った。

拉致される前にミヨシさんに買ってもらい、北朝鮮にいた24年間、肌身離さず大切にしてきたという時計を披露。「何とかこの状況を動かしたい。今この瞬間にも日本に帰ることを信じている人がいること、日本を思い涙している人がいることを分かってほしい」と呼び掛けた。