〈独自〉尼崎女性刺殺事件で元夫を逮捕へ

兵庫県警尼崎南署に入る、事件に関与した疑いがある元夫を乗せた車=16日午後、兵庫県尼崎市(木津悠介撮影)
兵庫県警尼崎南署に入る、事件に関与した疑いがある元夫を乗せた車=16日午後、兵庫県尼崎市(木津悠介撮影)

兵庫県尼崎市のマンション敷地内で15日夜、このマンションに住む病院事務員、森本彩加(さやか)さん(28)が刺殺された事件で、兵庫県警尼崎南署捜査本部は16日、現場から逃走した男の身柄を確保した。捜査関係者への取材で分かった。殺人容疑で事情を聴き、容疑が固まれば逮捕する方針。男は森本さんの元夫で、捜査本部は強い恨みを抱いていたとみて、詳しい経緯を調べる。

事件は15日午後8時過ぎ、森本さんが住むマンションの駐輪場付近で発生。森本さんは刃物で背中を複数カ所刺され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

捜査関係者によると、現場付近の防犯カメラには、森本さんがマンション敷地内に入った後に男が続き、数分後に1人で出てくる様子が写っていた。男はマンション前に止めてあったバイクで逃走。森本さんが帰宅するのを待ち伏せするなどしていた疑いがあり、捜査本部は、森本さんと面識のある人物とみて行方を追うとともに、森本さん周辺の関係者を捜査していた。

捜査本部は、男が森本さんに強い恨みを抱いていた可能性があるとみて、詳しい経緯などを捜査する方針。