手術後わいせつ事件 2審判決見直しの可能性

最高裁判所=東京都千代田区
最高裁判所=東京都千代田区

最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は、手術後の女性患者にわいせつな行為をしたとして準強制わいせつ罪に問われた医師、関根進被告(45)の上告審弁論を、来年1月21日に開くと決めた。無罪とした1審判決を破棄し、懲役2年の実刑とした2審東京高裁判決が見直される可能性がある。

被告は平成28年、東京都内の病院で全身麻酔の手術を終えたばかりの女性患者の胸をなめるなどのわいせつな行為をしたとして、起訴された。

女性の証言が麻酔の影響で認知能力が一時的に低下する意識障害「せん妄」により性的な幻覚を見たことによるものか、女性の胸から検出された医師のDNA型をどのように評価するかが争点。

1審東京地裁は、せん妄の可能性を指摘した上で、DNA型については「会話や触診で付いた可能性が排斥できない」として、無罪を言い渡した。

一方、東京高裁は「証言には迫真性があり証明力がある」と指摘。女性は直後に無料通信アプリで知人に被害を訴えるメッセージを送っており、「せん妄に伴う幻覚は生じていなかった」とし、実刑が相当とした。