岸田自民党には容赦ない維新の強気

目前に迫った衆院選(19日公示、31日投開票)で、日本維新の会が「岸田自民党」への攻勢を強めている。「『小泉改革』以降の新自由主義的な政策」の転換を訴える岸田文雄政権に対し、規制緩和や民間活力の活用を日本成長の鍵ととらえる維新は改革色を前面に出し、カラーの違いをアピールする。自民の「補完勢力」とも揶揄(やゆ)される維新だが、強気の背景には、時の政権に配慮する必要がなくなった事情がある。

対決姿勢むき出しに

「岸田さんが所信表明演説をしましたが、(演説の中から)『改革』の文字は消えました。もう(旧)民主党と一緒じゃないの」

ランキング

  1. 群馬で感染30人 太田市の工場クラスター拡大、計42人に

  2. 〈独自〉仏、共同訓練を円滑化 日本政府に協定締結打診 対中抑止の意志鮮明

  3. 対中で重要性増すODA 減額圧力に外務省反論躍起

  4. 菅前首相が活動本格化、「菅派」待望論も

  5. 〈独自〉日台与党が経済安保協議 月内に「2+2」

  6. 10万円給付に賛否 19歳大学生は対象外で落胆

  7. 「テレビで見ている人は『何やってんだろうね』と…」麻生副総理、武田総務相と野党の応酬に苦言

  8. 首相「媚中派と言われ不本意」 岸田派元議員に語る

  9. 小池都知事、再入院で静養 1週間程度、過度の疲労

  10. 河村氏長男、参院選比例に意欲 二階派後押し