現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

岸田自民党には容赦ない維新の強気

目前に迫った衆院選(19日公示、31日投開票)で、日本維新の会が「岸田自民党」への攻勢を強めている。「『小泉改革』以降の新自由主義的な政策」の転換を訴える岸田文雄政権に対し、規制緩和や民間活力の活用を日本成長の鍵ととらえる維新は改革色を前面に出し、カラーの違いをアピールする。自民の「補完勢力」とも揶揄(やゆ)される維新だが、強気の背景には、時の政権に配慮する必要がなくなった事情がある。

対決姿勢むき出しに

「岸田さんが所信表明演説をしましたが、(演説の中から)『改革』の文字は消えました。もう(旧)民主党と一緒じゃないの」

ランキング

  1. 磯崎官房副長官、日韓首脳の会話に関する韓国発表を否定

  2. 【岸田政権考】「不愉快だ」 松野官房長官が震えた電話の相手とは…

  3. 参院選中盤情勢 東京選挙区

  4. 「日本大麻党」党首を擁立 参院選埼玉でN党

  5. 「解決策示さない」首相、尹氏との会談見送り

  6. 吉川氏、説明しないままボーナス290万円受給へ

  7. 首相、G7とNATO首脳会議から帰国 成果を強調

  8. USBメモリー紛失の男性、約20年前から尼崎市の業務に関与

  9. 首相、韓国大統領と「ごく短時間、簡単なあいさつ」

  10. 吉川氏にボーナス 磯崎副長官「コメントする立場にない」

会員限定記事