メッセージを暗号化するアプリは、検閲が強化されるイランの人々にとっての命綱になるか

政府によるインターネットのアクセス制限や監視、検閲が強化されているイラン。人々が自由な発言やコミュニケーションを確保できるように、メッセージをランダムな言葉の連なりに変換できる暗号化アプリが登場した。ネットの遮断も想定してテキストの手入力でも利用できるこのアプリは、イランの人々にとっての命綱になれるのか。

TEXT BY LILY HAY NEWMANTRANSLATION BY YASUKO ENDO

WIRED(US)

イランでは政府によるインターネットのアクセス制限や監視、検閲が強化され続けている。こうしたなかイラン人の自由な発言を可能にするために、Android用のアプリが新たに開発された。

アプリの名は「Nahoft」。ペルシャ語で「秘密」と命名された暗号化ツールで、最大1,000文字のペルシャ語のテキストをランダムな言葉の連なりに変換できる仕組みだ。

メレンゲのようにかき混ぜられた言葉の塊は、TelegramやWhatsApp、Google Chatをはじめとするコミュニケーションプラットフォームを使って友人などに送れる。受け取った人がそのランダムなテキストを自分のデバイスにダウンロードしてあるNahoftにかければ、内容が解読できる仕組みだ。

Nahoftは2021年9月8日に「Google Play」でリリースされた。開発したのは米国のサンフランシスコに拠点を置く人権擁護団体「United for Iran」である。

Nahoftはイランで実施されているインターネット規制を巡る複数の側面に対応できるよう設計されており、暗号化メッセージの生成に加え、情報を暗号化して気づかれないよう画像ファイルに埋め込むこともできる。いわゆるステガノグラフィーと呼ばれる情報隠蔽技術だ。受け取った人は自分のNahoftにその画像をかけて、隠されたメッセージを抽出できる。

ネットが遮断されても利用可能

イランでは、WhatsAppのようなエンドツーエンドの暗号化アプリを使えば安全に意思疎通できる。しかし、オープンソースであるNahoftは、安全なコミュニケーション手段が使えない場合を想定し、極めて重要な機能を隠しもつ。

イラン政府は特定の地域やイラン全体で、ほぼ全面的なインターネット遮断を繰り返し強制実施している。19年11月には、丸1週間もインターネットが遮断された。しかし、仮にインターネットに接続できなくても、Nahoftをデバイスに前もってダウンロードしておけば、ローカルで使用できるようになっている。

暗号化したいメッセージを入力すると、Nahoftはそれをペルシャ語の暗号化メッセージに変換する。一見するとランダムな言葉の連続にしか思えないそのメッセージを、手紙に書き写したり、別のNahoftユーザーに電話をかけて読み上げたりする。あとは、相手が自分のアプリにその内容を手動で入力し、本来のメッセージを読み解けばいい。

「インターネットが遮断されると、イランの人々は国内外の家族と連絡をとれなくなります。活動家も、やっていることすべてをいきなり中断せざるを得なくなるのです」と、United for Iranの事務局長のフィルーゼ・マムーディは語る。マムーディは1979年のイラン革命を生き抜き、12歳で他国に逃れた人物である。

「それにイラン政府は、ますます多層構造のフィルタリングによって各種デジタルプラットフォームの利用を禁止し、ソーシャルメディアなどの国際的に普及しているサービスの代替策を開発する方向へと向かっています。わたしたちが危惧している傾向を強めており、非常にまずい状況です。そこで役に立つのがNahoftなのです」