ドコモ、3G回線復旧し障害影響解消

NTTドコモの本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
NTTドコモの本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

NTTドコモは、14日夕の大規模通信障害に端を発した回線への影響は全て解消したと発表した。ドコモによると、14日午後5時ごろに通信障害が発生。同8時ごろに一部復旧を発表したが、利用者の通信量が増加するなどして、影響が長引いた。

第5世代(5G)移動通信システムと4Gが復旧したのは、約12時間後の15日午前5時ごろ。従来型携帯電話(ガラケー)の主な通信方式の3Gはつながりにくい状態が15日午後10時にようやく回復した。