NASA、探査機「ルーシー」打ち上げ 12年かけて小惑星群観測へ

小惑星群「木星トロヤ群」を目指す米国の探査機ルーシーのイメージ(サウスウエスト研究所提供)
小惑星群「木星トロヤ群」を目指す米国の探査機ルーシーのイメージ(サウスウエスト研究所提供)

米航空宇宙局(NASA)は16日、小惑星群「木星トロヤ群」の世界で初めての接近観測を目指す探査機ルーシーを、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。12年かけ、木星とほぼ同じ軌道で回る七つの小惑星と、火星と木星の間にある一つを巡る。太陽系形成史の謎に迫ることが期待される。

木星とほぼ同じ軌道にある小惑星群「木星トロヤ群」のイメージ(NASA提供)
木星とほぼ同じ軌道にある小惑星群「木星トロヤ群」のイメージ(NASA提供)

トロヤ群は計7千個以上の小惑星の集団で、46億年前に太陽系ができた際の残りかすとされている。木星の前と後ろの2集団があり、表面の色も微妙に違う。それぞれ別の場所で形成された可能性もある。

小惑星に近づいて高解像度カメラで撮影するなどして、形や組成を調査。太陽系の惑星や小惑星がなぜ今の場所に収まったのかを探る。

探査機ルーシーを搭載して打ち上げられるロケット=16日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地(NASA提供)
探査機ルーシーを搭載して打ち上げられるロケット=16日、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地(NASA提供)

探査機は2025年、火星と木星の間にある小惑星の一つに寄った後、27~33年にトロヤ群の七つを順次訪ねる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細