現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

10月16日

この著名な記者に取材を申し込み、断られたのは24年も前になる。米紙ニューヨーク・タイムズで東京支局長も務めたニコラス・クリストフ氏が、西部オレゴン州知事選へ民主党から出馬する準備中だと、小紙ニュースサイトで知った。愉快でない記憶がよみがえる。

▼クリストフ氏は1997年、三重県在住の元日本兵が戦時中、中国北部で人肉を食べたと証言したとの記事を書いた。奇異に感じた抄子が電話で元日本兵に確かめると、「そんなことは言っていない」と否定する。ならば詳しい話を聞きたいと約束を取り自宅までうかがうと、玄関払いを食う。

▼理由を尋ねると村落の有力者から取材を受けるなといわれ、逆らうと村八分が怖いという。日本の名誉にかかわることだからと、手紙を送り再考を求めると、何と本人ではなく有力者から断りの返事が届く。クリストフ氏と気脈を通じていたのである。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】共産党終焉求める「白色革命」

  2. 【主張】中国「海外闇警察」 政府は実態の解明を急げ

  3. 【阿比留瑠比の極言御免】台湾蔑視する立民の傲慢

  4. 【産経抄】12月8日

  5. 【風を読む】元空軍パイロットの背信行為 論説副委員長・佐々木類

  6. 【正論】北朝鮮が手伸ばす最先端科学技術  安全保障問題専門家、元国連専門家パネル委員・古川勝久

  7. 【主張】NHK新会長 改革止めず公正な放送を

  8. 【主張】中国の核1500発へ 米は核抑止力の充実図れ

  9. 【直球&曲球】春風亭一之輔 熱くなれなくても…いいじゃない

  10. 【一筆多論】「親日」英外相に期待する 岡部伸

会員限定記事