尼崎女性刺殺事件 殺害された女性は28歳病院事務員

女性が刺された現場付近を調べる兵庫県警の捜査員=15日午後10時8分、同県尼崎市(沢野貴信撮影)
女性が刺された現場付近を調べる兵庫県警の捜査員=15日午後10時8分、同県尼崎市(沢野貴信撮影)

兵庫県尼崎市のマンション敷地内で女性が刺され、死亡した事件で、兵庫県警は16日、女性の身元について、このマンションに住む病院事務員、森本彩加(さやか)さん(28)と発表した。

県警は同日、殺人事件として尼崎南署に捜査本部を設置。事件後、犯人とみられる男がスクータータイプの黒のバイクで逃走する様子が付近の防犯カメラに写っており、行方を追っている。

県警によると、事件は15日午後8時過ぎ、同市昭和通の駐輪場付近で発生。森本さんは刃物で背中を複数カ所刺され、搬送先の病院で死亡が確認された。現場は国道2号沿いで、目撃した宅配業者の男性が「20~30代くらいの男が人を刺している」と119番した。