吉野家 超特盛牛丼の具!並盛2.4倍だからシェアもできる大ボリュームで登場!

並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」
並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」

冷凍パックのまま温めるだけで、手軽にお店の味を楽しめると人気の「吉野家 牛丼の具」シリーズ。これまでは、お店で食べるものというイメージが強かった牛丼ですが、在宅ワークのランチや、忙しい日の一品にと、冷凍庫にストックするご家族も増え、現在は家庭でも楽しめる味として注目を集めています。そんな「牛丼の具」シリーズで、新たに販売が始まり、話題なのが「超特盛牛丼の具」です。

並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」

家族でシェアできる!並盛の約2.4倍のボリューム

これまでの並盛(1袋120g)、大盛(1袋160g)から大幅増量された1袋290gというボリューム。並盛の約2.4倍もあるので、1袋を家族でシェアすることができます。もちろん、とにかく肉が食べたい!大盛ではたりない!という方にも、たっぷりとお楽しみいただける商品です。

並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」

レンジ1つで簡単に「吉野家の牛丼」を味わえる

1899年創業以来、より旨い牛丼を目指して進化し続けている吉野家。牛肉は低温熟成させて風味を引き出し、タレにはワインや生姜を配合して、深みのある味わいを実現。玉ねぎの甘みや食感もポイントになっています。

調理方法は簡単です。レンジでも湯せんでもOK!冷凍パックのまま温めるだけで、お店のあの味をご家庭でお楽しみいただけます。

※この商品は「吉野家」の監修を受け製造しています。


いつもの牛丼だけではなく、いろいろなお料理にアレンジ

いつもの牛丼だけではなく、アレンジするのもおすすめです。超特盛サイズなら、肉の量も多く食べ応えのある一品になります。

並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」

(左)味付けいらずで簡単 肉じゃが

(中)短時間で本格派 ハッシュドビーフ

(右)お肉の旨味が染みている なすと牛肉の煮びたし


吉野家「超特盛牛丼の具」(1袋290g)

■10袋:8,980円(税込、軽減税率対象)。1袋あたり税込み898円。

■20袋:17,000円(同上)。1袋あたり税込み850円。

■30袋:23,400円(同上)。1袋あたり税込み780円。


並盛2袋分以上だからシェアもできるボリューム「超特盛牛丼の具」

30袋入りは10袋入りと比べると1袋あたり118円(税込)もお得です!

産経ネットショップでは、食べきりサイズの並盛(120g)や、並盛では足りないという方にピッタリの大盛(160g)も人気です。また、豚丼や親子丼の具も販売しています。常温でそのまま食べられる缶飯は、730日以上も保存できるため、非常用保存食としても活躍しそうです。

産経ネットショップ 吉野家商品ラインナップ

価格は税込み。価格や商品内容などの情報は掲載日時点のものです。産経ネットショップのご利用が初めての方が新規会員登録をすると、500円オフクーポンが使えるのでお得になります。<産経ネットショップ>


会員限定記事会員サービス詳細