「夢はかなう」ZOZO前沢さん、宇宙飛行へ会見 露訓練施設で - 産経ニュース

メインコンテンツ

「夢はかなう」ZOZO前沢さん、宇宙飛行へ会見 露訓練施設で

宇宙飛行を控え、心境や訓練の様子を語る衣料品通販大手「ZOZO」創業者、前沢友作さん(中央)=14日、ロシア・モスクワ郊外の「星の町」のガガーリン宇宙飛行士訓練センター(代表撮影)
宇宙飛行を控え、心境や訓練の様子を語る衣料品通販大手「ZOZO」創業者、前沢友作さん(中央)=14日、ロシア・モスクワ郊外の「星の町」のガガーリン宇宙飛行士訓練センター(代表撮影)

【モスクワ=小野田雄一】12月にロシアの宇宙船ソユーズで国際宇宙ステーション(ISS)に向かう予定の衣料品通販大手「ZOZO(ゾゾ)」創業者、前沢友作さん(45)が14日、モスクワ郊外の訓練施設で記者会見した。前沢さんは「わくわくするばかりだ。怖さや不安はない」と話し、間もなく訪れる宇宙に思いをはせた。

前沢さんは米宇宙旅行会社と契約し、2023年に月周回旅行を行う計画。今回の飛行はその一環で、宇宙に慣れるのが目的。露国営宇宙企業の協力で今年6月から訓練を続けている。

前沢さんは「訓練では無重力を初体験し、楽しかった」とし、宇宙を夢見る子供らに「夢はかなう。99・9%は自分次第だ」とエールを送った。ISSではバドミントンなど、体験したいことが約100個あるとした。会見には撮影役で同行する関連会社役員、平野陽三さん(36)や操縦士のミシュルキン宇宙飛行士(44)も同席した。

打ち上げはカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から12月8日に行われる予定で、約12日間の日程でISSを訪れる。民間の日本人による商業宇宙飛行は1990年の秋山豊寛さん(当時TBS記者)以来で、ISSに滞在するのは初。