英下院議員刺殺、警察「テロ」と断定 イスラム過激主義と関連

デービッド・アメス英下院議員(AP=共同)
デービッド・アメス英下院議員(AP=共同)

【ロンドン=板東和正】英与党・保守党のデービッド・エイメス下院議員(69)が15日、英南東部リー・オン・シーの教会で男に刃物で複数回刺されて死亡した。英警察は現場にいた25歳の男を殺人容疑で逮捕し、その上で「テロ」と断定したと16日未明に発表した。初期捜査の結果、イスラム過激主義と関連する動機があった可能性が判明したという。

現職議員がテロの犠牲になったことで、国内では衝撃が広がり、民主主義への攻撃と非難されている。

英BBC放送などによると、現場はエイメス氏の地元選挙区にある教会。エイメス氏は毎月第1、第3金曜日に地元有権者らとの集会を定期的に開いていた。

15日正午(日本時間同日午後8時)ごろ、教会に入ってきた男が、有権者と面会中だったエイメス氏を突然、刺した。単独犯とみられ、男が10回以上もエイメス氏を刺したとの情報もある。駆けつけた救急隊員がその場で治療したが、エイメス氏の死亡が確認された。

英紙タイムズ(電子版)は16日、警察が男をソマリア系のイスラム教徒とみていると報じた。同紙などによると、警察の対テロ部門が男を取り調べている。

事件を受け、ジョンソン首相は自身のツイッターで「(エイメス氏は)政界で最も親切で素晴らしく、優しい人物の一人だった」とたたえ「われわれの心はショックと悲しみで一杯だ」と死を悼んだ。

エイメス氏は、サッチャー政権下の1983年に初当選したベテラン議員。中絶反対や動物福祉の分野で政治活動に力を入れていた。英国が2016年の国民投票で決めた欧州連合(EU)離脱を、ジョンソン氏らとともに推進した。

英国では16年にも中部リーズ近郊で、EU残留を訴えていた野党労働党の下院女性議員、ジョー・コックス氏=当時(41)=が男に銃で撃たれて死亡する事件が起きた。男は極右思想に感化されていたとみられ、殺人などの罪で終身刑の判決を言い渡されている。

今回のエイメス氏の殺害を受け、コックス氏の夫だったブレンダン・コックスさんはツイッターで、「選挙で選ばれた議員への攻撃は、民主主義そのものを攻撃することと同じだ」と批判した。