ドコモの通信障害、3G回復のめど示せず

通信障害を知らせるNTTドコモのホームページ=14日午後
通信障害を知らせるNTTドコモのホームページ=14日午後

NTTドコモは15日、14日に発生した通信障害について、ネットワーク工事で不具合があり、機器に負荷がかかったことが原因だったと発表した。しかし、被害は全国に広がったにもかかわらず、影響の出た具体的なサービスや人数などは明らかにしなかった。ドコモは通信網を生かしてスマートフォン決済やシェア自転車など、さまざまなサービスを提供しており、社会インフラを担う企業としての説明責任が問われる。

ドコモによると、タクシーの電子決済機器など向けの設備の切り替え工事がうまくいかず、作業を中断した際に、処理能力の低い旧機器にデータが集中。14日午後5時ごろに通信障害が発生した。同8時ごろに一部復旧を発表したが、利用者の通信量が増加するなどして、影響が長引いた。

第5世代(5G)移動通信システムと4Gが復旧したのは、約12時間後の15日午前5時ごろ。ただ、従来型携帯電話(ガラケー)の主な通信方式の3Gの復旧は見通しが立っていない。

スマホ決済「d払い」やシェアサイクルのほか、ドコモの回線を借りている格安スマホ事業者にも影響が出たが、ドコモは「個別にどのようなサービスを利用しているかどうかは把握できていない」としており、影響の規模は不明だ。

金子恭之総務相は15日の閣議後会見で、「重要なインフラである携帯電話で大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは遺憾」と述べ、電気通信事業法の定める「重大な事故」にあたるかどうかを検討する考えを示した。電気通信事業法では、重大な事故を起こした事業者は、詳細な原因調査や再発防止策について30日以内に総務省に報告する義務を負う。ドコモは影響の全容解明を急ぐ方針だ。