フォト特集

コロナ下の長良川鵜飼閉幕 過去最少67日営業、岐阜

最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市

岐阜市で1300年以上続く伝統漁「長良川鵜飼」が15日、閉幕した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が3度延期になったほか、開幕後の8月18日~9月30日も一時休止に。川の増水で休業した時期もあり、今シーズンの営業日数は過去最少の67日間となった。乗船した人数も計1万3910人と過去最少を記録した。

最終日を迎えた「長良川鵜飼」で打ち上げられた花火=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」で打ち上げられた花火=15日夜、岐阜市

15日は26隻に計436人が乗船。オレンジ色のかがり火が川面に反射する様子や、ウが魚を捕まえる姿を興味深く眺めた。

長良川鵜飼は例年、5月11日に開幕するが、今年は観覧船の定員を最大半分に減らすなどの対策を取った上で6月21日に開幕した。今月に入ってからは川岸に停泊した船から鵜飼いを眺める「水上座敷」を導入、キャンセル待ちが出るなど好評を博した。

最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」を見る乗船客ら=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」を見る乗船客ら=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」でアユを追う鵜匠とウ=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」で、観覧船に乗船した客ら=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」で、観覧船に乗船した客ら=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」で、鵜匠による説明を聞く観覧船の乗客ら=15日夜、岐阜市
最終日を迎えた「長良川鵜飼」で、鵜匠による説明を聞く観覧船の乗客ら=15日夜、岐阜市