東電「不祥事根絶を」 福島の双葉・大熊町長

東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の伊沢史朗町長と大熊町の吉田淳町長は15日、東電本社(東京都)で小早川智明社長と面会、第1原発の汚染水浄化設備の損傷や柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策不備など問題が相次いでいることを巡り、「復興の妨げとなる恐れがあり、憤りを禁じ得ない」として不祥事根絶を求めた。

両町長はこの日、小早川氏に手渡した要求書で、住民の帰還を目指す中での不祥事やトラブルによって「地元の不安と不信はかつてなく増大し極めて深刻な事態となっている」と指摘。東電に対し、正確な情報公開を徹底し、信頼回復に全力で取り組むよう求めた。

小早川氏は「地元の皆さんの思いを受け止め、行動で示して信頼回復に努めたい」と応じた。