官房長官「北方領土問題解決へ粘り強く交渉」 ロシア副首相訪問で抗議

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

松野博一官房長官は15日の記者会見で、ロシアの副首相らが不法占拠する北方領土の択捉(えとろふ)島を訪問したことを受け、露側に抗議したことを明らかにした。

松野氏は、政府がロシア側に「北方領土に関するわが国の一貫した立場と相いれず受け入れられない」と抗議したことを明かし「北方領土問題それ自体の解決が重要。解決し、平和条約を締結するとの基本方針のもと交渉に粘り強く取り組んでいく決意だ」と述べた。

択捉島には15日、ロシアのグリゴレンコ副首相兼官房長官とフスヌリン副首相が訪問。日本側は事前に中止を申し入れていた。ロシア要人の北方領土訪問は7月のミシュスチン首相以来で岸田文雄政権下では初。