親子強殺疑いで男逮捕 大分・宇佐

大分県宇佐市の民家で昨年2月、住人の郵便配達員の男性とその母親が殺害された事件で、大分県警は15日、強盗殺人の疑いで大分市緑が丘の会社員、佐藤翔一容疑者(36)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

県警によると、佐藤容疑者と親子には面識がなかった。県警は動機や事件の経緯を調べている。

逮捕容疑は昨年2月、宇佐市安心院町荘の民家で、郵便配達員、山名博之さん=当時(51)=と、母の高子さん=同(79)=の首などを刃物のようなもので突き刺すなどして殺害し、約5万円を奪ったとしている。

死因はいずれも頸(けい)動脈切断による失血。民家の流し台で見つかった、血が拭かれていない家庭用包丁が凶器の可能性があるという。