障害者就農大使に城島さん 農水省、社会参加後押し - 産経ニュース

メインコンテンツ

障害者就農大使に城島さん 農水省、社会参加後押し

「ノウフク」のパネルを持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省
「ノウフク」のパネルを持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省

農林水産省は14日、就農を通じた障害者らの社会参加を後押しする「農福連携」に関し、情報発信などの大使役を担う「ノウフクアンバサダー」に人気グループ「TOKIO」の城島茂さん(50)を任命した。城島さんは政府の「農福連携等推進会議」で有識者を務めるなど関わりが深く、認知度向上を目指す。

農水省内での就任式で任命状を受け取った城島さんは、テレビ番組出演を通じた農業経験を踏まえ「ノウフクの現場では老若男女、世代を超えた人とのつながりがあると感じた。自分のこれまでのノウハウ、経験を生かしながら取り組んでいきたい」と語った。

「ノウフクアンバサダー」の任命状を持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省
「ノウフクアンバサダー」の任命状を持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省

農福連携は「農業と福祉の連携」を意味し、障害者や高齢者の活躍の場を増やす狙いがある。担い手不足の農家にとって労働力確保につながることも期待されている。

「ノウフク」のパネルを持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省
「ノウフク」のパネルを持つTOKIOの城島茂さん=14日午前、農水省