乳児衰弱死、母に懲役3年判決 千葉地裁

千葉地裁
千葉地裁

千葉県市原市のアパートで昨年1月、生後10カ月の娘を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の小西理紗被告(25)の裁判員裁判で、千葉地裁は14日、求刑通り懲役3年の判決を言い渡した。

弁護側は子供3人の育児ストレスなどで精神障害となり、心神耗弱状態だったと主張したが、友重雅裕裁判長は「子供たちの状況を把握されるのを避けるため、保健師や(別居状態の)夫の訪問を拒むなど合理的に行動していた」と指摘。精神障害の影響が一定程度あったとしながらも完全責任能力を認めた。

その上で「やせ細っていくのを認識しながら、同居している唯一の親権者の被告が3週間もの間、母の自覚を欠いた無責任な行動をした。保健師などの訪問があれば助けることが可能だった」と非難した。

判決によると、小西被告は昨年1月3~25日ごろ、娘の紗花ちゃんに十分な食事や水分を与えず放置して衰弱死させた。