オリ宮城、5回5失点KO ロッテに「M9」点灯許す - 産経ニュース

メインコンテンツ

オリ宮城、5回5失点KO ロッテに「M9」点灯許す

【オリックス―ロッテ】一回、ロッテのレアードに先制二塁打を浴びるオリックスの宮城。5回5失点で無念の降板となった=10月14日、京セラドーム大阪(河田一成撮影)
【オリックス―ロッテ】一回、ロッテのレアードに先制二塁打を浴びるオリックスの宮城。5回5失点で無念の降板となった=10月14日、京セラドーム大阪(河田一成撮影)

両チームとも優勝へのマジックナンバー点灯の可能性がある14日のオリックス-ロッテの大一番。先発はオリックスが宮城、ロッテは佐々木朗。高卒2年目、ドラフト1位同士の投げ合いは、ここまで12勝と左腕エース格の活躍を見せてきた宮城が打ち込まれて1-6で敗れ、ロッテにマジック「9」の点灯を許した。

立ち上がりの一回、1死一、二塁からレアードに左翼線への先制二塁打を浴びると、続くエチェバリアにもセンターへ2点二塁打を打たれた。二、三回にも2死から失点。ロッテ打線の思い切りのいいスイングの餌食となり、5回を投げて今季ワーストの1試合5失点。失意の左腕は「大事なゲームで全然投げることができなくて、申し訳ないです」とコメントした。

ローテーションの再編で1日のソフトバンク戦以来、中12日での登板。前日には「リフレッシュできた。自分が抑えて勝ちたい」とリラックスした表情で話していたが、6回無失点、8奪三振と好投した同学年のライバルに投げ負けた形となった。

打線も九回にT-岡田のソロでようやく一矢報いただけで、宮城を援護できなかった。この3連戦の第1、2戦も、得点は2ランによる2点のみ。ここにきて打線がつながりを欠いている。 (鮫島敬三)