二階氏「勝ち抜くことが恩返し」派閥会合で必勝期す

二階俊博前幹事長(矢島康弘撮影)
二階俊博前幹事長(矢島康弘撮影)

自民党の二階俊博前幹事長率いる二階派(志帥会)は14日の派閥会合で、衆院選の勝利に向けて結束することを確認した。二階氏は「いよいよ決戦のときを迎えた。選挙を勝ち抜くことがお世話になった皆さんに対しての恩返しだ。みんなでやろうじゃないですか」とあいさつした。

引退を表明している伊吹文明元衆院議長は「志帥会は私のときと比べて倍ぐらいに増えた。人が増えると、考えもいろいろあるから仲良くやってもらわないといけない」と強調。「二階会長を中心に選挙を勝ち抜いて、選挙後もしっかり派として一体的に行動してほしい」と述べた。