阪神、アクシデントに耐えて引き分け - 産経ニュース

速報

速報

阿蘇山が噴火、黒い噴煙

メインコンテンツ

阪神、アクシデントに耐えて引き分け

【巨人ー阪神】四回、本塁打を放つ阪神の坂本=10月13日、東京ドーム(桐原正道撮影)
【巨人ー阪神】四回、本塁打を放つ阪神の坂本=10月13日、東京ドーム(桐原正道撮影)

逆転優勝のためには勝利がほしい試合で今季8度目の引き分け。13日の巨人戦(東京ドーム)について、阪神の矢野監督は「うちは勝たないといけない状況。その中でやれるのは引き分けしかなかった」と悔しがった。

2試合連続で先発マスクを任された6年目の捕手坂本が気を吐いた。0-1の二回に1死一、三塁から左前適時打。1-2の四回には今季初の左越えソロで再び試合を振り出しに戻した。

この日は先発の西勇が投球中に右肘を痛めて二回途中で緊急降板。だがそこから救援陣が踏ん張った。代わって急きょ登板した馬場が1回⅓、続いて初めて中継ぎ登板となった伊藤将が3回、さらにアルカンタラが2回を無失点でリリーフ。最終回を託された守護神スアレスは1死二、三塁のピンチを背負ったものの、力強く2者連続三振でしのぎきった。矢野監督は「よう踏ん張ってくれたなと思う」とねぎらった。(上阪正人)

■警察、阪神逆転V時の騒動警戒