甲府市の放火事件 出頭した19歳少年を傷害容疑で逮捕

全焼し、遺体が見つかった住宅=12日、甲府市蓬沢(平尾孝撮影)
全焼し、遺体が見つかった住宅=12日、甲府市蓬沢(平尾孝撮影)

甲府市の住宅が放火されて2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日、行方不明となっている住人夫婦の10代の娘の頭を殴ったとする傷害容疑で、12日夜に県警に出頭してきた甲府市の少年(19)を逮捕した。

事件は12日午前3時45分ごろ、甲府市蓬沢の井上盛司さん方で「泥棒に入られた」と娘から110番通報があった。約5分後に木造2階建て住宅から出火し、全焼、性別不明の2人の遺体が焼け跡で見つかった。

捜査関係者によると、同日夜、少年が県警に出頭。南甲府署捜査本部が事情聴取を始めた。

県警によると、一家は4人暮らし。いずれも50代の井上さん、妻と連絡が取れていない。10代の娘2人のうち、侵入してきた男に妹が襲われ頭にけがをした。妹は男と面識がないという。

全焼した跡から遺体が見つかった住宅=12日午前11時9分、甲府市(共同通信社ヘリから)
全焼した跡から遺体が見つかった住宅=12日午前11時9分、甲府市(共同通信社ヘリから)


>「1人でやった」甲府の放火、傷害容疑で逮捕の少年供述

>「人を殺してしまった」傷害容疑の少年供述 甲府の放火