大阪城隣接のNTT西本社跡地に高級ホテル - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪城隣接のNTT西本社跡地に高級ホテル

NTT西日本の本社ビル跡地に建設されるホテル(中央)と周辺部分のイメージ(同社提供)
NTT西日本の本社ビル跡地に建設されるホテル(中央)と周辺部分のイメージ(同社提供)

NTT西日本などは13日、大阪市中央区馬場町の本社ビル跡地に、高級ホテルや広場などで構成される観光拠点を令和7年の大阪・関西万博の開幕までに開設する計画を発表した。NTT西は現在、JR京橋駅北側の新ビル(同市都島区)に本社機能の移転を進めている。馬場町の本社ビルは大阪城公園に隣接しており、観光施設の需要が見込めると判断した。

NTT西は現在保有する敷地を3分割し、ホテルと広場、観光客向けに情報提供などを行う空間の3つの用途で活用する。ホテルが建設される区画の敷地面積は約4900平方メートル。地上20階の約220室で、5年2月に着工し、7年1月に完成する予定。ホテルの運営業者は明かされなかったが、世界的に知名度の高いホテルになるという。

駐車場跡に整備される広場のイメージ(NTT西日本提供)
駐車場跡に整備される広場のイメージ(NTT西日本提供)

電話局がある東側の区画は建物を低く改築し、屋上部分に電光掲示板やシェアサイクルの拠点を設け、観光客らを支援する。西側の駐車場がある区画は広場にする。

NTT西の小林充佳社長は「現在の本社ビルは大阪城の正面にある好立地。観光拠点とすることで、大阪の発展に資すると判断した」と語った。