「鬼滅」偽フィギュア販売容疑で書類送検 三重県警 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼滅」偽フィギュア販売容疑で書類送検 三重県警

三重県警紀宝署は13日、人気アニメ「鬼滅の刃」に出てくるキャラクターの偽フィギュアを販売したなどとして、著作権法違反と商標法違反の疑いで、川崎市川崎区に住む土建業の男性(59)を書類送検した。

書類送検容疑は昨年12月、偽フィギュア1個を三重県紀宝町の男性に約5300円で販売したほか、今年6月、自宅で「鬼滅の刃」のロゴが印刷された保冷バッグ1個を販売目的で所持したとしている。

同署によると、男性は偽フィギュアをオークションサイトに出品。出品時に運営側から偽物の疑いがあると警告されたにもかかわらず、出品を取り消さずに販売した。同署のサイバーパトロールで発覚した。