25階から4歳児転落、死亡 大阪・北区のマンション

25階の一室で母親らと暮らしていた4歳の女児が転落したマンション=大阪市北区(中井芳野撮影)
25階の一室で母親らと暮らしていた4歳の女児が転落したマンション=大阪市北区(中井芳野撮影)

13日午前6時10分ごろ、大阪市北区与力町のマンションに住む男性から「女の子がエントランスの屋根に落ちている」と110番があった。転落したのはこのマンションの25階に住む女児(4)で、搬送先の病院で死亡が確認された。大阪府警天満署は女児が自宅のベランダから転落したとみて、詳しい状況を調べている。

同署によると、女児は母親(41)と妹(2)の3人暮らし。当時、母親と妹は自宅にいたが、女児の転落に気が付かなかったという。

近くの70代女性は「ゴトンと大きな音がしたので屋根の上を見ると、パジャマ姿の女の子があおむけで倒れていた。しばらくすると母親らしき女性が降りてきて、地面に座り込んで泣き叫んでいた」と話した。