三井住友銀、最大91件遅れ システム障害で外為取引 - 産経ニュース

メインコンテンツ

三井住友銀、最大91件遅れ システム障害で外為取引

三井住友銀行のロゴ
三井住友銀行のロゴ

三井住友銀行は13日、12日午後に発生した外国為替取引関連のシステム障害により、法人向けを中心に外貨建て送金など最大91件に遅れが出たと明らかにした。システムは既に復旧しており、13日は通常通り取引を行っている。

三井住友銀によると、障害はサーバーの部品が故障したことによって発生した。12日午後0時50分ごろから店頭やインターネットで外為取引が一時的にできなくなり、午後5時20分ごろに復旧した。

みずほ銀行でも9月30日にマネーロンダリング(資金洗浄)などをチェックするシステムの処理が滞り、外為取引の送金に遅れが出た。