【日光東照宮外伝】家康公の墓所 遺体はどこに もう一つの遺言 - 産経ニュース

日光東照宮外伝

家康公の墓所 遺体はどこに もう一つの遺言

日光東照宮の宝塔。家康公の墓所とされる=栃木県日光市(鈴木正行撮影)
日光東照宮の宝塔。家康公の墓所とされる=栃木県日光市(鈴木正行撮影)

徳川家康公はどこに眠っているのかをめぐり、日光東照宮(栃木県日光市)と久能山東照宮(静岡市)の間で論争が続いている。通説では、家康公の死去後、久能山東照宮に葬られ、1周忌が過ぎてから日光東照宮に移されたとされる。近年、「久能山東照宮に家康公の遺体がある」という説が地元・静岡で盛り上がり、これに対し、今秋発行された日光東照宮の社報「大日光」で〝反論〟が掲載された。家康ファン必読のミステリーを追った。

徳川紀伊和歌山家譜

「家康公の遺体の所在について、今の状況では久能山か日光かを断定できない。ただ、祭祀(さいし)・法要の論理や関係者の動きなどを踏まえると、遺体は日光に移されたと考えるよりほかないように思う」

ランキング

  1. ショパン本選に邦人2人 国際ピアノコンクール
  2. 韓国外務省「失望と遺憾」 靖国神社供物奉などに
  3. 首相、「GoTo」平日利用促進へ
  4. 韓国のドバイ万博は連日のK-POP祭り
  5. 容赦ない超ひらパー兄さんコラボ広告の破壊力
  6. ビットコイン採掘「1強」の中国がシェアゼロに 拠点は壊滅
  7. 岸田首相「極右」と北朝鮮 慰安婦合意と閣僚留任で
  8. 【影戦】海外居住者の不動産 納税逃れ横行 幽霊オーナー野放し

メインコンテンツ