首相は「8番セカンド」「地味な人」 維新・馬場氏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

首相は「8番セカンド」「地味な人」 維新・馬場氏

街頭演説に立ち、支持を訴える日本維新の会の馬場伸幸幹事長(中央)=13日午後、さいたま市南区(深津響撮影)
街頭演説に立ち、支持を訴える日本維新の会の馬場伸幸幹事長(中央)=13日午後、さいたま市南区(深津響撮影)

日本維新の会の馬場伸幸幹事長は13日、さいたま市で街頭演説し、衆院本会議の代表質問で岸田文雄首相と対決した印象について「いい人」「地味な人」「(野球の)8番セカンド」と評し、「『エースで4番』の強いリーダーシップを持った方に日本を引っ張っていただきたい」と距離感をにじませた。次期衆院選の立候補予定者が開いた集会で述べた。

馬場氏は演説で、衆院選で重点的に訴える内容として、新型コロナウイルス対策と経済政策を挙げた。首相が掲げる「成長と分配の好循環」に触れた上で「大きな異議はない。しかし、そこに足りないのは『改革』だ。改革を行い経済成長をすることで分配する果実ができる。自民党との大きな違いとして訴えていきたい」と強調した。

馬場氏は遊説後の取材に対し、衆院選の比例代表北関東ブロック(埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)で4議席の獲得を目標に据えると明らかにした。(深津響)