自民拉致対策本部が声明「被害者帰国に一致団結」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民拉致対策本部が声明「被害者帰国に一致団結」

声明を発表する自民党の北朝鮮による拉致問題対策本部長の山谷えり子参院議員=13日、党本部
声明を発表する自民党の北朝鮮による拉致問題対策本部長の山谷えり子参院議員=13日、党本部

自民党の北朝鮮による拉致問題対策本部は13日、立憲民主党の生方幸夫衆院議員の発言などを受け、山谷えり子本部長名で「拉致問題に対するわが党の姿勢について」と題した声明を発表した。声明の全文は以下の通り。

わが党は、これまで一貫して〝全ての拉致被害者の即時一括帰国〟に向けて取り組んできた。

今般、立憲民主党議員により「拉致問題は本当にあるのかどうか、ないんじゃないか」という発言があった。これは、これまでの政府方針とまったく異なるものである。

さらに、「今は生存者はいないと思う。拉致生存者がいると思っている人はたぶん自民党でも一人もいないと思う」との発言もあった。しかし、わが党にそのような考えを持つ議員はいない。

岸田文雄内閣は、拉致問題の解決を内閣の最重要課題として取り組んでいる。自民党は、総選挙に向けた公約で、「首脳会談の実現など、あらゆる手段を尽くし全ての拉致被害者の即時一括帰国を求める」と明記し、発表したばかりである。

引き続き自民党は拉致被害者全員の一刻も早い帰国実現に向け、一致団結して取り組んでいくことを改めて表明する。