甲府の2人死亡放火事件で少年が出頭 捜査本部が聴取 - 産経ニュース

メインコンテンツ

甲府の2人死亡放火事件で少年が出頭 捜査本部が聴取

全焼した跡から遺体が見つかった住宅=12日午前11時9分、甲府市
全焼した跡から遺体が見つかった住宅=12日午前11時9分、甲府市

甲府市で12日、井上盛司さん方に何者かが侵入し放火、住宅が全焼し井上さん夫婦と連絡が付かなくなっている火災で、少年が県警に出頭したことが捜査関係者への取材で分かった。南甲府署捜査本部が任意で事情聴取を始めた。捜査本部は、目撃証言などから、侵入した男は10~30代とみて調べていた。

捜査本部によると、同居する10代の娘2人のうち妹が「争う声を聞いて1階に下りたら知らない男がいた」「逃げたら後ろから追い掛けられて襲われた」と証言。男に襲われた妹は頭にけがをしたが、命に別条はない。

妹は12日午前3時半ごろ、2階にいて、争うような声を聞いて1階に下りた。薄明かりの中に見知らぬ男を発見。逃げたところ、男が追い掛けてきて、硬い何かで背後から襲われた。負傷した頭には殴られたような痕と、裂傷による出血があることも新たに判明した。

>近隣住民ら動揺「恨まれる人ではない」 甲府2人死亡火災