「人を殺してしまった」傷害容疑の少年供述 甲府の放火 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「人を殺してしまった」傷害容疑の少年供述 甲府の放火

火災で全焼した住宅(奥右)=13日午前、甲府市
火災で全焼した住宅(奥右)=13日午前、甲府市

甲府市の住宅が全焼して2人の遺体が見つかり、住人の井上盛司さん夫婦が行方不明になっている放火事件で、井上さんの娘を殴ったとする傷害容疑で山梨県警に逮捕された少年(19)が、出頭した際「人を殺してしまった」と話していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、少年は12日夜以降に県警に出頭し、任意聴取をされていたという。現場周辺の路上には血痕が点々と残されており、県警南甲府署捜査本部は防犯カメラの映像を分析するなどして足取りの特定を進め、目撃証言などから、10~30代の男が侵入したとみて調べていた。

逮捕容疑は、12日午前3時43分ごろ、甲府市蓬沢の井上さん宅で、10代の娘の頭を殴り、打撲などのけがを負わせたとしている。

>甲府市の放火事件 出頭した19歳少年を傷害容疑で逮捕