岸防衛相、靖国参拝明言を回避 17日から秋季例大祭

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

岸信夫防衛相は12日の記者会見で、東京・九段北の靖国神社で17日から始まる秋季例大祭に合わせた参拝に関し、明言を避けた。「適切に判断する」と述べるにとどめた。岸氏は今年8月13日、終戦の日を前に靖国神社を参拝した。西銘恒三郎復興相や牧島かれんデジタル相は参拝予定はないと言明した。

西銘氏は「おじも祭られており尊崇の念は抱いている」と説明。牧島氏は「真榊」と呼ばれる供物を納める考えはないと答えた。

堀内詔子ワクチン担当相は「毎年、日程が許す限り参拝している」とした上で、例大祭に合わせて参拝するかは「個人として適切に判断したい」と述べるにとどめた。

若宮健嗣万博相は「まだ決めていない。適切に判断していきたい」と語った。